2011年01月30日

研究

きのうは古武術で有名な甲野善紀先生の練習会

初めてお会いしましたが、氏のすごい動きに圧倒されました

柔道家は技を思いっきり掛けることについつい陥ってしまいます

わたくしもそうです

暗黙の了解で、真っ向勝負であったり

まあ、うまく表現できませんが

古武術での体の使い方は、あくまで体幹重視

そうすると爆発的な力を生む

これは科学では解明できない

また、筋力ばかり数値化している人にはわからない


科学を超えたものが武道にはある


そういえば、強い柔道家は、いわゆる逆三角形ではなく、ずんどう型で体幹が太い


うーん まだまだ研究は尽きない


posted by 吉田 at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。